サーフィン5つの基本ルールを解説!これだけ覚えておけばOK

サーフィン5つの基本ルールを解説!これだけ覚えておけばOK

サーフィンは楽しさとともに、ルールやマナーを守ることが大切です。特に初心者にとっては、サーフィンのルールは分かりにくいものかもしれません。本記事では、サーフィン初心者に向けて、分かりにくいルールについて丁寧に解説していきます。ワンマンワンウェーブという一つの波に一人のサーファーの原則や、前乗り禁止、スネーク禁止といった他のサーファーへの配慮について詳しく説明します。また、波に乗るときに他のサーファーを避ける方法や、リーシュコードの着用の重要性についても触れていきます。サーフィンを楽しむためには、ルールを守ることが必須です。初心者の方もぜひ参考にしてみてください。
ミッドレングスサーフボードでマスターする!サーフィンのボトムターン完全ガイド

ミッドレングスサーフボードでマスターする!サーフィンのボトムターン完全ガイド

サーフィンのボトムターンを完全にマスターしたいですか?この記事では、波の底からトップへと向かう際に必要なボトムターンの技術を、初心者から中級者までわかりやすく解説しています。

ボトムターンはサーフィンの基本であり、波上での素晴らしいライディングに欠かせない動作です。ここでは、ボトムターンの重要性を説明し、基本的なステップからミッドレングスボードでの実践的なコツまでを紹介します。

また、よくある間違いとその修正方法にも触れ、実際に波での練習を効果的に行うためのアドバイスも提供します。

サーフィンの技術を次のレベルへと引き上げるために、この記事を読み進めて、ボトムターンを完璧にマスターしましょう!

サーフィン 横に走るコツは?波のパワーゾーンを理解しよう

サーフィン 横に走るコツは?波のパワーゾーンを理解しよう

こんにちは、nanazero編集部です。

本記事ではサーフィンの横に走るコツを、波のパワーゾーンを解説しながら紹介します。

なぜ、横に走るためにはパワーゾーンの理解が必要なのか?

それはサーフィンは波の力を利用して行うアクティビティだからです。

波の力を知ることができれば、サーフィンはとても簡単になります。

横に走るライディングも簡単にできるようになるので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

サーフィン ストレッチのやり方!2種類のストレッチを使い分けることでサーフィン寿命が大きく伸びる

サーフィン ストレッチのやり方!2種類のストレッチを使い分けることでサーフィン寿命が大きく伸びる

こんにちはnanazero編集部です。

サーフィンは全身を使う運動ですが、自然の波を楽しむアクティビティなので、海の流れや波の下を潜るなど、意外にもハードな運動になります。

そのハードな運動を前に、多くのサーファーがストレッチをしますが、ストレッチには大きく分けて2種類あります。

筋肉を弛緩させて疲労の回復を速める静的ストレッチ。心拍数を高めて運動パフォーマンスを高める動的ストレッチ。

この2つのストレッチはそれぞれ目的が違います。

本記事では、その目的の違うストレッチをサーフィンに当てはめて解説していきます。

サーフィン 波待ちのコツ!誰でも簡単にできる練習方法

サーフィン 波待ちのコツ!誰でも簡単にできる練習方法

サーフィンを楽しむために必要なスキル「波待ち」がありますが、高度なバランス感覚が必要とされるため、なかなか習得するのがむずかしいスキルの一つです。

サーフィンの波待ちができるようになると、サーフィン中に疲れにくくなり、海の状況や波の状況を見ることができるので、素早く波に反応することができ、乗れる本数も増えます。

波待ちはサーフィンを楽しむためには欠かせないスキルですが、まだサーフボードの上に座る感覚が身に付いていないサーフィン初心者さんにとって、難易度の高いスキルに感じると思います。

そこで、本記事では誰でも簡単に「波待ち」ができるようになる方法を紹介します。

苦手なバックサイドが◯◯をするだけで得意に変わる方法

苦手なバックサイドが◯◯をするだけで得意に変わる方法

こんにちは、nanazero 編集部です。サーフィンのバックサイドに苦手意識を持っていませんか?

レールが引っかかって倒れてしまったり、波に捕まってしまったり。バックサイドのサーフィンに苦手意識を持っているヒトは多いです。

そこで本記事は「苦手なバックサイドを得意に変える方法」を解説します。

実はバックサイドの苦手意識はあることをするだけで、簡単に得意に変わります。その方法を解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ドルフィンスルーできない?簡単に成功するコツを教えます

ドルフィンスルーできない?簡単に成功するコツを教えます

こんにちはnanazero編集部です。サーフィンでは沖から波に乗るために、まずは沖に出る必要があります。波が穏やかなときは問題ありませんが、波が絶えず押し寄せてくる場合は「ドルフィンスルー」というスキルを使って、波をやり過ごす必要があります。本記事はサーフィンに欠かせない「ドルフィンスルー(ダックダイブ)のやり方」についてサーフィン初心者さん向けに解説します。
サーフィンのパドリングで疲れにくくなる方法!誰でも簡単に実感できるカラダの仕組みを使った漕ぎ方

サーフィンのパドリングで疲れにくくなる方法!誰でも簡単に実感できるカラダの仕組みを使った漕ぎ方

サーフィンのパドリングって大変。すぐに疲れて波に乗れない。ピークに戻れない。そんな悩みを抱えているサーファーさんは非常に多いです。そこで本記事は「カラダの仕組みを使った疲れにくくなるパドリング」について解説していきます。疲れやすいパドリングと疲れにくいパドリングを、科学的な根拠から掘り下げて解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。
EPSサーフボード テイクオフのやり方

EPSサーフボード テイクオフのやり方

こんにちはnanazero編集部です。EPSサーフボードはテイクオフが遅いと聞いたことありませんか?もしくはEPSサーフボードは乗りにくいという話も聞いたことがあるかもしれません。本記事ではなぜ「EPSサーフボードはテイクオフが遅い」と言われるのかについて解説し、EPSサーフボードでテイクオフに失敗しないコツを紹介しています。
サーフワックス 正しい塗り方は?グリップ力を高める方法

サーフワックス 正しい塗り方は?グリップ力を高める方法

こんにちは nanazero 編集部です。本ページはサーフボードに塗る「ワックス」の塗り方を解説していきます。ちなみに、サーフボードのワックスって正しく塗れていますか?実はワックスの正しい塗り方を実践するだけで、グリップ力は2倍、3倍にも高くすることができます。本ページでは nanazero EPSサーフボード を例にして、サーフボードに正しくワックスを塗る方法をまとめていきます。