サーフィンの練習に最適なアイテムとして注目を集めているのが「サーフスケート」です。この記事では、サーフィン初心者やサーフスケート初心者、そしてスケボー初心者の方に向けて、おすすめのサーフスケートとその選び方について詳しく解説します。サーフスケートはサーフィンの技術を練習するだけでなく、陸上でのバランス感覚や筋力を養うためのトレーニングにも最適です。

また、冬のオフシーズンにも活用できるため、年間を通じてサーフィンのスキルアップが可能です。本記事では、ホイールベースやデッキの長さ、トラックの性能、ウィールの大きさなど、選ぶ際のポイントを詳しく解説しています。初心者には特におすすめなモデルもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 

*本記事は自社商品「Bamboo サーフスケート 31" Fish」のPRが含まれています。

1. サーフスケートとは?初心者でも練習に最適な理由とは

nanazero_surfskate

サーフスケートとは、サーフィンの練習や陸上でのトレーニングに最適なアイテムです。サーフィン初心者やサーフスケート初心者、そしてスケボー初心者の方にとってもおすすめです。なぜなら、サーフスケートはバランス感覚の向上や筋力のトレーニングに役立ち、サーフィンのスキルアップにも繋がるからです。

1.1 サーフスケートの定義と特徴

サーフスケートの特徴としては、サーフボードのような形状やトラックの動きを再現している点が挙げられます。デッキの形状やサイズ、トラックの性能、ウィールの大きさなどがサーフスケートの特徴的な要素であり、それぞれによってサーフィンの感覚や練習効果も異なります。

1.2 サーフスケートが初心者に適している理由

初心者にとってサーフスケートが適している理由は、まず扱いやすさが挙げられます。通常のスケボーと比べて安定感があり、バランスを取りやすいため、初心者でもスムーズに乗ることができます。また、サーフスケートはサーフィンのテクニックや動きを再現するため、実際のサーフィンに近い感覚で練習することができます。これにより、陸での練習がサーフィンのスキル向上に大いに役立つのです。

2. サーフスケートの選び方:重要なポイント解説

nanazero_surfskate

  • ホイールベースの選び方と意味
  • デッキの長さの選び方と効果
  • トラックの性能と適切な選び方
  • ウィールの大きさと特徴

サーフスケートの選び方は、上記のポイントを意識すると失敗しにくくなります。

2.1 ホイールベースの選び方と意味

サーフスケートを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。まず、ホイールベースの選び方です。ホイールベースとは、トラックの間隔のことであり、短いホイールベースはより敏感な操作性を持ちます。ショートボードの練習に最適なホイールベースは16インチ〜18インチです。ミッドレングスに最適なホイールベースは19インチ以上となります。初心者には操作がしやすい中程度の長さをおすすめします。

2.2 デッキの長さの選び方と効果

次にデッキの長さの選び方です。デッキの長さは乗り心地や操作性に影響を与える重要な要素です。一般的には身長や体重に合わせてデッキの長さを選ぶことが推奨されています。初心者は安定感がある長めのデッキを選ぶと安心です。ショートボードの練習なら31インチ〜33インチがオススメです。ミッドレングスの練習は34インチ以上、ロングボードの練習は40インチ以上がサーフィンの練習に最適なモデルです。

2.3 トラックの性能と適切な選び方

トラックの性能もサーフスケートの選び方で重要な要素です。トラックの硬さや緩さによって乗り心地や操作性が異なります。初心者には取り扱いがしやすい中間くらいの硬さのトラックがおすすめです。

2.4 ウィールの大きさと特徴

最後にウィールの大きさと特徴についてです。ウィールの大きさは乗り心地やスピードに影響を与えます。初心者には安定感があり乗りやすい中程度の大きさのウィールが適しています。直径65mm以上、硬度~78A以下のソフトウィールが推奨されています。

3.nanazero サーフスケートは初心者が乗りやすいサーフスケート

nanazero_surfskate

nanazero サーフスケートはデッキサイズ、ホイールベース、ウィールの大きさ、トラックの柔らかさなどを初心者向けに最適に設計されています。

多くのスケートボードのデッキ素材にはメープル材が使用されています。頑丈さや弾力性などのメリットがある一方で、メープルの木は消費スピードに対して成長速度が遅く、森林伐採につながってしまうという負の側面もあることをご存知でしょうか。

一方でバンブーは成長速度が速く、持続可能性が高く環境負担の少ない素材と言われています。バンブー素材はターンなどのアクションには最適な柔軟性を持ち合わせており、nanazeroサーフスケートはバンブーとグラスファイバーのレイヤーを採用することで、サーフスケートに最適なデッキを実現しました。

公式ストアで Bamboo サーフスケート 31" Fish を見る

スペック

  • デッキ: 長さ 31インチ(79cm) / 幅 9.75インチ(25cm)
  • デッキ素材:バンブー、ファイバーグラス
  • デッキ表面:サンドフィニッシュのグリップ加工
  • トラック: CX-4
  • ブッシング:96A
  • ウィール: 70mm x 51mm / 78A
  • ウィールベース:17インチ  (43cm)
  • ベアリング:Abec-9

4. サーフスケートの練習効果とオフシーズンの活用方法

nanazero_surfskate

サーフスケートが1本あることで、サーフィンの反復練習ができるようになります。サーフィンは極端に反復練習が難しいスポーツです。

nanazero のサーフスケートは週末サーファーでも、陸上でサーフィンの練習ができるように考案されています。

4.1 サーフスケートの練習効果とメリット

サーフスケートの練習は、サーフィンのスキルアップに効果的です。陸上での練習によってバランス感覚や筋力を養うことができ、実際の波乗りにおいても安定した乗り方ができるようになります。また、オフシーズンの間もサーフスケートを利用することで、年間を通じてサーフィンのスキルを伸ばすことができます。

4.2 オフシーズンにおけるサーフスケートの活用方法

オフシーズンにもサーフスケートを活用する方法としては、サーフィンの動きやサーフィンのテクニックを再現することができるモデルを選ぶことが重要です。また、実際のサーフィンの動きやターンを意識しながら、トリックの練習を行うこともオフシーズンの活用に向いています。

まとめ

nanazero_surfskate

サーフスケートはホイールベース、デッキサイズ、トラック、ウィールなど様々なポイントを考慮して選ぶ必要があります。

市場には多くのサーフスケートが発売されていますが、nanazeroは初心者や週末サーファーの反復練習ができるように開発し、かつ環境負荷をできるだけ小さくするためにバンブー材を使用しています。

サーフスケートが一本あれば、陸上での反復練習ができるようになるので、簡単にステップアップすることができます。

ぜひサーフスケートを手に入れて練習していきましょう。

公式ストアでBamboo サーフスケート 31" Fishを見る >

1月 27, 2024